ビリオンチケット更新情報>騎手制裁情報
ビリオンチケットメニュー>騎手制裁情報

騎手の皆さんには掲げて欲しくない情報でしょうが。。。


騎手制裁情報
2010年度

2009年度の騎手制裁情報
2008年度の騎手制裁情報
2007年度の騎手制裁情報
2006年度の騎手制裁情報
2005年度の騎手制裁情報
2004年度の騎手制裁情報
2003年度の騎手制裁情報

競馬のある日は
競馬のある日は
緊急時
競馬がない日は
儲かる競馬予想データ【ビリオンチケット】
データ競馬の お勉強
無料です(会員のみ)
儲かる競馬予想データ【ビリオン塾】




【制裁と再教育】

    JRAでは騎手がまずい騎乗をしたとき、制裁を課すことになっています。(施行規定126条の第1項)     斜行した場合、公表された体重で騎乗できなかった場合、発馬機内での御法がまずかった場合、等で、     その程度によって、戒告、過怠金1万円、2万円、3万円、5万円、7万円、10万円(最高50万円),騎乗停止と分類されています。     また、制裁点が累積され、30点を越えるとレポート提出と騎乗技術や競馬法規の再教育を受けなければならないことになっています。     騎手の性格にもよりますが、騎乗方法についての再教育を受けることはプライドを傷つけられることであり、     なるべく受けたくないと言う心理が働きます。     我々でも、車の運転に関して、何か違反をして点数が加わり、あるところまでいくと、これ以上違反をするとまずい。。。     ということで、特に注意するようになりますね。同じことです。
2005年度から制裁内容が変更になった。 変更内容の主なものは下記 過怠金2万円→3万円 制裁点数は3点で同じ 過怠金3万円→5万円 制裁点数は4点で同じ 過怠金4万円→7万円 制裁点数は5点で同じ 過怠金5万円→10万円 制裁点数は8点で同じ 過怠金10万円→騎乗停止2日 制裁点数は10点で同じだが2×2=4点が加わり14点 騎乗停止の日数についての考え方に変更 昨年までは通常の騎乗停止は6日だったが 今年からは通常の騎乗停止4日間 馬の癖による影響が多大の場合2日 悪質な原因による場合は6日 なお、制裁点の計算方法は変わらず
制裁点換算表
戒告
1点
過怠金1万円
2点
過怠金3万円
3点
過怠金5万円
4点
過怠金7万円
5点
過怠金10万円
8点

過怠金11万〜50万円
レース以外で悪質な行為があった場合
12点
騎乗停止
10点+付加点
付加点=騎乗停止期間(開催日の実数)×2点が付加される
年度最終日の開催後は全員0に戻ります。 また、再教育後も0に戻ります。
    この、制裁点を調べてみると、おもしろいことが発見できます。     制裁点が増えてくると、次に大きな制裁を受けると30点を越えますので再教育を受けなければなりません。     持ち点が8点でも騎乗停止が実質6日の制裁を受けると10+12=22で30点を超えてしまいます。うかうか出来ません。     騎手には、再教育を受けたくない、気を付けようと言う心理が働いて難しい展開になったときに無理をしないようになります。 前がふさがれた場合など、無理に分けて押し入るような際どい行為まではしなくなるでしょう。     精一杯有利な位置で馬を走らせようとせず、安全サイドで御する様になってしまう事が多くなるでしょう。     制裁点の多い騎手には2種類あると思います。     騎乗が下手な騎手、騎乗は巧いが勝つために少々乱暴な騎乗となる、 どの騎手がどちらのタイプなのかはグリーンチャンネルを見ていればわかってきます。     持ち点が多くなってきたとき、どの時点で、諦めて、積極的な騎乗になるかは騎手の性格によって異なります。




制裁点が増えてきてヒヤヒヤ,ドキドキの騎手
(騎乗停止4日で30点になる騎手)
12点以上

騎手名



制裁点がもうすぐ30点。再教育受講は逃れられないと諦めて
如何にでもなれ?と言う気分の騎手
または、絶対に制裁を受けまいと極端に慎重になる騎手
(過怠金10万円で30点になる騎手)
22点以上

騎手名



心機一転。再教育を受けて持ち点0から再出発の騎手

騎手名



2010年1月5日終了時点での
騎手別累積制裁点

それにしても、まずい騎乗で制裁を受けている騎手が多いですね。
逆に考えればこれだけ多くの不利を受けた馬がいるということになります。
不利を受けた馬が有望馬だった場合、直接馬券の的中不的中に関わってきますし、
加害馬だった場合も、降着や失格などで着順に変更などが出て問題です。
騎手には上手に乗っていただき馬の力をそのまま発揮させて欲しいし
他の馬に迷惑をかけない騎乗をして欲しいと心から願います。
騎手の皆さんが嫌な再教育を受ければいいという問題ではありません。
私たち会員が一所懸命研究し推測した努力と
大切なお金をつかって買った馬券が
騎手の下手な騎乗で水泡に帰してしまうのです。
お願いします。
他の馬の走りに邪魔をするような騎乗はしないでください。

先週の制裁内訳

年月日
競馬場
レース
騎手名
内容
制裁
制裁点
100105
中山
10

2周目2角で内側に逃避された過怠金30000円
100105
中山
03

最後の直線で内側に斜行過怠金100000円
100105
中山
04

4角で外側に斜行戒告
100105
京都
04

4角で外側に斜行過怠金50000円
100105
京都
04

4角で急に外側に斜行1/5の騎乗停止
12
100105
京都
08

最後の直線で内側に斜行過怠金10000円
100105
京都
04

最後の直線で外側に斜行戒告

再教育決定騎手

再教育を受けることになった騎手は制裁点を重ねて30点も取ってしまった騎手
2度も再教育を受けることになってしまった騎手は60点以上とってしまった騎手。
控えめに見ても騎乗が巧い騎手とは言えない。
他の馬に迷惑を掛ける騎手であり非難されるべきである。
競馬ファンにとって非常に迷惑である。
レースをめちゃくちゃにするわけで、掛け金を弁償していただきたいと言いたい。
他の騎手に迷惑を掛けた・・・という反省も必要だろうが
あなたの走り方の後ろには多くの競馬ファンが大きな損害を被っているということを
肝に銘じてほしい。
騎手名
再教育受講決定日(30点を越えた日)



累積制裁点

(あいうえお順)
騎手名
1〜10点
11〜20点
21〜30点
123456789012345678901234567890































騎手名
1〜10点
11〜20点
21〜30点
123456789012345678901234567890





Copyright ©2001-2010 Winstrong Office Ltd. 
 

競馬のある日は

リンクフリー
競馬のある日は

リンクフリー
緊急時&競馬がない日は

リンクフリー