真田の一言 バックナンバー


(2016/01/26) 2年ぶりの書き込み。サボりすぎだろう。 昨年はどういう訳か、難しいレースが多く、期待に応えることが出来なかった。 単なる馬の組み合わせなのだが、それが難しい。 必勝奥義に合致するレースが少なすぎた。 今年、2016年も難しいことには変わりないが もうすぐ一と月が経とうとするギガを眺めていて 少し、慎重すぎるかと反省もしている。 8日間が過ぎて、ギガ提供レース数が17レース。 その内、本線、押さえで的中が7レース。 検討レースまで広げれば11レース的中。 注目は、ギガ候補で不採用としたレース数が26レース。 不採用だが採用していれば的中したレースが12レース その中に、11990円や3820円の大型配当が含まれていた。 惜しいとしか言いようがない。 リスクを少なくと言うことを第一義に考えるので どうしても不採用レースが増えてしまう。 それでは不採用レースも買ってみては・・・と奨められるか? それはNOである。 26レース中に11990円があっても、トータルで考えれば マイナスになることが十分考えられる。 やはり、ギガの中でも危ないレースは捨てて 着実にプラスを狙った方がよいと言いたい。
(2014/2/21) (2013/11/02)号で書いたが ビリオン指数の弱点に重馬場/不良馬場/強風の状態で 行われた各馬の評価は少々信頼性に欠ける場合がある 重馬場、不良馬場、強風はいずれも走りにくい状態だ こういう走りにくい状態で走った馬の評価(指数)は難しく 僅かではあるが通常の状態で走ったらどうかという観点で 修正換算して評価している。 従って、この修正換算に誤差が生じ、やや信頼性に欠ける場合が生じる。 会員様にも「指数」が「重馬場/不良馬場」「強風」を修正したものか否かを 知っていただいた方が良かろうと考え 「重馬場・不良馬場情報:「強風情報」をオープンすることにした。

儲かる競馬予想リンク 更新情報(WHAT’S NEW)から)
儲かる競馬予想リンク 明日のレースの不利/アクシデント & 1/2着情報
儲かる競馬予想リンク 明日のレースの重馬場・不良馬場/強風情報

をご覧になっていただきたい

儲かる競馬予想リンク 明日のレースの重馬場・不良馬場/強風情報 は

信頼性に欠けるかもしれないという注意喚起情報であるので 購入回避を検討するためのものでマイナス方向の情報だが 時間のとれる方は、ビリオン指数と見比べながら 利用していただきたい
(2014/2/2) 2012年から継続の5000万円チャレンジが やっと5000万円を達成した。 2年1ヶ月もかかってしまった。 昨年は台風その他の異常気象で難しいレースを強いられた。 今年に入ってから、稍落ち着いたレースが続き ギガも割合に高配当を安定してとれるようになってきた。 負けがこんでくると、少々無理な狙いをしてしまうことがあるが 必勝奥義の基本を守ることが肝要だ。 選びに選んだギガでは2月1日2日で4レースチャレンジしたが 土曜日は流し向きの京都5Rで軸が連対できずはずれたが 京都10Rはボックス向きとした際だつ2頭が連対してくれ 1点で770円をゲットできた。 ボックス向きは1点で狙えるレースが多いので くれば3桁配当でも美味しい。 2月2日の2レースはいずれも流し向きレース 軸が同距離良く安定していれば狙える。 不思議に両レースとも4点流しで1670円と同額的中。 これも美味しかった。 いつも言うことだが軸を決められない難しいレースは的中しにくい この土日でも、不明馬存在レース、障害レースを除いた 土曜日:19レースで真田が5点以内で的中したレースは7レース 的中率は36.8% ギガに選ばれたレースは2レースで買い目案5点以内的中は1レース。 的中率50% 日曜日:21レースで真田が5点以内で的中したレースは5レース 的中率は23.8% ギガに選ばれたレースは2レースで買い目案5点以内で的中は2レース。 的中率100% ギガで選ばれたレースの的中率がダントツに高いことからも 必勝奥義の大切さが理解できるだろう。 これからも必勝奥義を重視して頑張っていきたい。
(2013/12/24) ワンパターン買いのシミュレーションは散々たるものだった。 悪い例として参考にされる方は下記をご覧ください。

儲かる競馬予想リンク2013年ワンパターン買いシミュレーション
2013年の結果は散々たるものだった。
この買い方は会員の皆さんに決してお役に立たないと判断し
来年からこのデータは公開しないことにします

儲かる競馬予想リンク2012年ワンパターン買いシミュレーション 楽をして儲けようなんて根性が間違っていたのだ。 辛いことだが、綿密に検討して 必勝奥義を基本とした買い方を徹底しなければならない。
(2013/11/02) 最近、ギガの調子がよろしくない。 軸が1着に来ても相手が無印馬の変身が多くなっている。 そこで、ビリオンチケットの「弱点」を整理してみる。 ビリオンチケットはご存じの通り、異なる競馬場で走ってきた馬たちを 同じ土俵に乗せて、比較できるようにしたものだが その指数の信頼性に若干弱点を見いだすことができる。 弱点を生み出す原因には3つある。 その一は 大雨で馬場の状況が悪い状況での指数。 特に不良馬場、重馬場での指数には 少々疑問符を付けた方が良い場合がある。 芝では指数が低めに、 ダートでは指数が高めに出る傾向が高い。 その二には 強風で走りにくい状況での指数。 特に6m/S、7m/S、8m/S以上の 強風の場合少々疑問符を付けた方がよい場合がある 強風の場合は指数が低く出る傾向が高い その三は 前走がスロー展開での指数。 スロー展開での指数は、例え指数が非常に低くても 今回、通常の展開で走れば、高指数を出す場合がある。 スロー展開の場合、馬の力量を正確に表しにくい。 最近は異常気象の影響で、台風が多く発生し 大雨、強風での開催が多かった。 過去の指数を分析する場合、 その状況を十分に吟味する必要がある。 しかし、大雨や強風での指数を無理に調整しても うまくいくことは少ない。 弱点のある指数が見つかったレースは 無理せずにパスする勇気が プラス計上を続ける条件となろう。
(2013/5/24) 何とか楽に儲けていただく方法はないものか!!と 昨年からギガゲットのワンパターン買いを シミュレートしているが どうも簡単には儲けられないようだ。 ワンパターン買いという簡単な手段で 儲けようという根性が間違っているのかもしれない 色々と検討していると 結局、必勝奥義を忠実に守って、買うレースを絞った 馬連が一番儲かるというのが現状だ。 なかなか楽には儲けることができないのが競馬なのだ。

儲かる競馬予想リンク 「馬連」必勝奥義伝授
儲かる競馬予想リンク 「新ビリオンチケット会員のための必勝ガイド」
儲かる競馬予想リンク 「新ギガゲット会員のための必勝ガイド」

現在シミュレート中のギガワンパターン買いも年末には 大きくプラスになる可能性は残っているが まもなく5ヶ月が過ぎようとしている現在の成績では 大きな期待は持てない。 難しい競馬ではあるが 負けたり勝ったりで 徐々にでも元金が増えてくることが 競馬ライフを永く楽しく続けるための条件だ 投資の方法についても慎重にしなければならない 儲かる競馬予想リンク 「1/24コロガシ投資法とは?」
(2013/1/19) うわさ話だからどこまで本当かは解らないが・・・ 武豊のことだ。 最近成績が思わしくない原因だが。。。 調教師とうまくいっていないらしいということ。 武豊には騎乗に対する断固とした鉄則がある。 騎乗依頼を受けて調教師と話をするわけだが 調教師の指導内容が 武豊の騎乗鉄則に合わないことが多いと言うことだ。 そのため、調教師とぶつかることが多く 優良馬の騎乗依頼が徐々に減ってきている。 というのだ。 小生に言わせれば、これが本当の話なら 武豊「あっぱれ」である。 人馬一体となって、馬の力量を100%に近く発揮させ 史上初の通算3500勝も獲得した騎手の方が正しいと思う。 今は少々もがいているようだが 近々元のように勝ち星を増やし続ける武豊になる。 馬の走りを邪魔せずに 馬の力量を100%に近く発揮させることができる騎手は 武豊がダントツであると断言できるだろう このコーナーの初期に 武豊のスタッフが騎乗馬選択に 過ちを犯しているのではないか と書いたが違っていた。。。。ようである。
(2013/1/1) 新年に当たってビリオンデータの本質を再認識する。 競馬に限らず、先を見極める本質は 質の良い多くのデータに基づいた正しい分析によって この先どうなるかを判断しなければならない。 昔の天気予報と、最近の天気予報を見れば明らかだ。 民間伝承のあやふやな、経験則により、 明日の天気はこうなるだろうと判断していた昔の天気予報は 的中率が低かった。 今日ではアメダスなど多くの観測点からのデータと、 気象衛星からのデータにより、 ほぼ100%に近い天気予報となった。 競馬も然り。 しかし、自然現象の天気予報と異なり、 競馬は走る馬とそれを操る騎手により行われる。 ビリオンデータが馬の力量を正しく表していることには異論はあるまい では、どうして全てのレースに勝てないのか? それは、様々な要因がレースを邪魔しているからだ。 様々な要因とは何か? まず、レース中の妨害行為だ。 故意もあり、偶然もあり、下手な騎乗にもある。 次に、騎手の心理だ。 ほとんどの騎手は調教師、馬主、先輩騎手から騎乗テクニックを伝授される。 誤った指導により、本当の馬の力量を発揮し切れていない事例が多い。 騎手のほとんどは競馬新聞を読んでいる。 あやふやな人気により自分の馬の本当の力量を見誤る。 人気が高ければ本当の力量はたいしたことがないのに 頑張らねば。。。人気に応えなければ。。。と本来以上の結果を出す。 逆に、力量はダントツなのに、誤った競馬新聞の人気により 低い人気となった場合、自分の乗る馬の力量を低いものと決めつけてしまう。 結果、負けて当たり前と考えてしまい、力量を発揮しきれずに終わることもある。 データから、最近調子が良く(ABCの高位) 常に好調な(AVEの高位)馬で 今回走る馬場(芝/ダート)、距離で赤実績を上げている馬が、 今回も勝つ可能性が最も高いが 上に挙げた騎手の心理状態にも目を向けなければ 多くのレースで勝ち続けることは難しい。 今のところ、予測しがたいのが、妨害行為だ。 こればかりは、何とも予測しがたい。 いずれにしても、慎重に綿密に推理して、 大胆に馬券を買う この方針を貫き通したい
(2012/12/22) 騎手の心理状態についての一考察 騎手の心理も様々なものがあるが G1レースと未勝利レースに騎乗する場合の 心理について考えてみる。 騎手も人間。 1着になったら1000万円もらえるレースと 25万円もらえるレースに 騎乗するとしたら どちらのレースに重きを置くだろうか? これは、有馬記念の賞金と 未勝利戦の賞金の場合の比較である。 どうしても、1000万円もらえるレースで頭の中は一杯になっている というのが本音であろう。 1000万円もらえるレースに騎乗が決定したときから どのように騎乗しようかと考えを巡らすことになる。 当日は、朝から頭の中は1000万円で一杯。 平場のレースなんかどうでも良い。 怪我をしないで1000万のレースに臨むことだけだろう。 だから 大きなレースがある日には ビリオン的に荒れたレースになりやすい。 馬の力量では負けることが不思議なくらい鉄板のに 勝てないことがよく起きる。 決して真面目に騎乗していないと言うことではなく 未勝利に勝つことには、 あまり重きを置けない心理状況にあるということ。 未勝利戦でG1に騎乗する騎手が参戦している場合 あまり期待できない。 赤マークでなくてもG1不参戦の騎手に期待した方が良い 場合がある。 心理状態は お金だけではない。馬主、調教師、人気、等の期待感の プレッシャーも大きく受けることになる。
(2012/11/25) 25日日曜日のギガゲットは不運なことに 2レースとも裏切られることの多い騎手の騎乗馬が 軸のレースになってしまった。 ギガの注意事項にも明記したのだが 両騎手とも過去の実績からは裏切られることが多かった。 今、この記事を書いているのは、京都2Rが終了した直後。 心配が的中してしまい、ビリオンデータからはダントツの馬なのに 軸が3着ではダメなのだ。 どこかの政治家が「2位ではダメなのですか」と言ったことがあるが 馬連の場合2着なら良いが3着ではダメなのだ。 そして、もう一つのレース東京3Rは なんと、こちらも心配が的中してしまい 軸馬が3着で決着。 両騎手とも1着になれる力量の馬なのに 結果は3着であった。 裏切られることの多い騎手は 東の田中勝春、 西の四位洋文、中舘英二、池添謙一だ。 これらの騎手は割合に評判の良い騎手達だ。 これらの騎手達に共通する点は何だろう 一つは、スローの展開になるレースが多いことがある。 そして 真実は解らないが多くの実績から想像すると 前走までの着位ならいいだろう!!と安易な考えで騎乗してしまう 馬の力量を発揮させると言うより、展開の妙に拘る騎乗態度をとる ということがいえよう 今後も、これらの騎手が騎乗する馬が軸にならないことを祈るが もし、これらの騎手が騎乗となった場合は要注意だ。
(2012/10/28) やっぱり、必勝奥義は正しかった。 10/27のギガ推奨レース東京10Rで 買い目案2点目で馬連13110円が的中した。 ギガでの万馬券は久しぶりだが大きな配当だった。 同距離実績が良く高安定を軸に色付き馬に流す。 こんな簡単な奥義で万馬券がゲットできるのだ。 単勝人気では4番と9番人気だった。 単勝人気の大部分は新聞人気が左右する。 ビリオン指数の正しさが証明された訳だ。 常にビリオン指数通りにレースが決着わけではない 同じ土曜日のもう一つのギガ推奨レース新潟8Rは 無印同士で決着し35450円の配当。 新潟8Rは7m〜8mの強風の中で争われた。

儲かる競馬予想リンク 競馬場付近の天気予報と風の影響にも発表していたが
朝からずっと強風で要注意の色付き状況だった。

大雨での足下の悪さも走りに影響するが
強風の方が影響度が大きいと感じている。

ちなみに、万馬券をゲットできた東京10Rは2〜3mの微風だった。
(2012/10/19) 7月末に今年も半年を過ぎたので統計的に十分とは言えないが かなりデータが揃ったと思いギガを選別しないで、 ワンパターン買いをした場合のシミュレーションをして その結果を公表してきた 当初は、3連複、3連単が好調だったがその後伸び悩んでいる。 逆に最近は馬単、ワイドが調子を上げている。 9ヶ月くらいのデータでは、まだまだ安定した結果は得られないということだ。 理想的には数年のデータで検証した方が良かろう 過去のデータも公表しているので見ていただきたい 馬券は種々の要因で常に勝てるものではない 勝ったり負けたりでトータルプラスにしていただきたい。 負けた原因など、儲かる競馬予想リンク 先週のギガ結果分析 も参考にご覧頂きたい そこで、今後は、各種馬券の結果が毎週どのように変化するのか 一覧表にして公表したいと考えた
2012年ギガゲットのワンパターン買いシミュレーションの結果
10月14日終了時点
2012/01/05時点の元金:144000円
残高で橙色は元金を上回っているものを示す
残高で赤字は元金がマイナスになってしまっているもの
左の馬券種類をクリックすると詳細表示
馬券種類
残高
先週からの昇降
3連単5頭ボックス60点
234,040
3連複5頭ボックス10点
222,140
馬単3点流し3点
255,510
馬連3点流し3点
89,110
ワイド3点流し3点
194,320
単勝1点買い1点
-73,940
複勝1点買い1点
13,950
複勝2点買い2点
27,750
複勝3点買い3点
-4,610

(2012/09/21) 競馬は本当に難しい 全馬が持っている力をそのまま発揮できれば割合に1着馬2着馬を的中することは難しいものではない しかし、誰にも予測できない他馬からの進路妨害や、天候による足下の悪さ、強風による走りにくさ そして、騎手の心理的影響による騎乗ミス 進路妨害とは異なるが、馬自体の出遅れやアオリなどのアクシデント 数えればきりがないほど沢山の要素がレースを難しくしている。 だからこそ、より易しいレースに絞り込む必要があり、 馬券の買い方も1/24コロガシが必須になってくる。 何週も負け続けることはないだろうが、3週負けても4週目にプラスに持ってくればいい 位に考えなければ競馬はできない。 競馬には忍耐が必要なのだ。 新聞を見て簡単に勝てるような代物ではないのだ。 紛れることが多い週に、何か法則はないだろうかと 月の満ち欠けや六星占術なども関連性を調べているが 今のところこれといった重要な関連性は見つかっていない。 今のところは、競馬は難しいものだ。。。と理解して 負けてもいい。。負けたり勝ったりで、最終的にプラスにすることを考えることが一番良い という結論に至っている。 それが、必勝法則だ

儲かる競馬予想リンク 「馬連」必勝奥義伝授
儲かる競馬予想リンク 「新ビリオンチケット会員のための必勝ガイド」
儲かる競馬予想リンク 「新ギガゲット会員のための必勝ガイド」


(2012/09/09)

真田もチョットお奨めできない馬券

前回までにお奨めできる3連単、3連複
そして
お奨めできない馬単、馬連
マイナスではないがプラスが僅かなワイド
について載せた

次のシミュレーションとして
単勝、複勝の
ワンパターン買いについて試みた。

結果から言うと
全くお奨めできない。
大きくマイナスになってしまう。

儲かる競馬予想リンク単勝1点で5000万円にするぞ〜 シミュレーション

儲かる競馬予想リンク複勝1点で5000万円にするぞ〜 シミュレーション
儲かる競馬予想リンク複勝2点で5000万円にするぞ〜 シミュレーション
儲かる競馬予想リンク複勝3点で5000万円にするぞ〜 シミュレーション

結局、ギガ情報から単純にワンパターン買いの場合
お奨めできるのは
3連複と3連単ということになる。


(2012/08/17)

真田もチョット微妙な段階の馬券

前回までにワンパターン買いで
お奨めできる3連単、3連複を載せた
そして
お奨めできない馬単、馬連を載せた

次のシミュレーションとして
ワイドにおける
ワンパターン買いについて試みた。

誰でも提供されたギガデータを
全レース単純に(ワンパターン)買うことで
プラス競馬はできているのだが
プラスの額が少なく判断が微妙な所である。
しかし、大きくプラスになっていないと言うことは
止めておいた方が良さそうと言うことになろうか?

儲かる競馬予想リンクワイドで5000万円にするぞ〜 シミュレーション


(2012/08/13)

真田もチョットお奨めできない馬券

前回までにお奨めできる3連単、3連複を載せた
次のシミュレーションとして
馬単、馬連(枠連)について
ワンパターン買いについて試みた。

誰でも提供されたギガデータを
全レース単純に(ワンパターン)買うことで
プラス競馬ができることを確認できなかった

儲かる競馬予想リンク馬単で5000万円にするぞ〜 シミュレーション

儲かる競馬予想リンク馬連で5000万円にするぞ〜 シミュレーション

しかし、早とちりしないで欲しい
決して、馬単、馬連では勝てないというわけではない
あくまでも、頭を使わずに
ワンパターンで買う方式では難しいということです。

レースごとに吟味して買う
必勝奥義を駆使した
真田の馬連5000万チャレンジ方式など
レースごとに対応すれば決して捨てたものではない

引き続き、 ワイド、単勝、複勝についても 勝てる馬券の検証を続ける 乞うご期待!!
(2012/08/12) 新会員の皆さん 3連単のワンパターン買いでチャレンジを初めて良かったですね。 しかし、今週は惜しかったですね。 土曜日は大きくプラスになりましたが、日曜日の結果が悪く トータルではほんの僅かのプラス。 初回で元金144000円が149130円になりましたね。 初回は大きく負けなくて僅かですがプラスになりましたが 毎週プラスになるとは限りません そういうときのために1/24コロガシが必要なのです。 的中しない週もありますし、的中しても配当が低くマイナスになる事もあります そういうときは、じっと耐えてください この方式でやる場合は、継続が必要なのです。 勝ったり、負けたり、。。。で結果的にトータルプラスになるのです。 じっくり構えてチャレンジしましょう 1/24コロガシは理解できていますか? その日に買う投資額の算出は 前回終了時の元金÷24÷点数=1点当たりの購入額(100円未満切り捨て) ※前回終了時の元金とは、土曜日競馬なら先週終了時、 日曜日の競馬なら土曜日終了時の元金をいいます 来週の3連単ワンパターンABCDE5頭ボックス60点の投資額なら 149130÷24÷60=103.56 103円の馬券は買えませんので、100円未満は切り捨てて100円 来週も、100円×60点=6000円 が 1レースに投資する額となります 将来元金が増えてきたとき、こんなに沢山馬券を買っても大丈夫か?と 躊躇することもあると思いますが 電卓で上の式に従って、淡々と計算し、投資額を決めてください。 初期はジワジワとしか増えませんが 投資額が増えてくれば、ビックリするほど元金が増えます くれぐれも、 高配当が的中しても、舞い上がって1/24コロガシを忘れることがないように。

(2012/08/10)

真田が自信を持ってお奨めする馬券 第2弾
でも勘違いしないで!!
最高の馬券、というわけではありません
あくまでも、頭を使わずに
ワンパターンで買う方式で、ですよ
レースごとに吟味して買う
必勝奥義を駆使した
真田の馬連5000万チャレンジ方式には叶わないが
単純買いでもプラスになれる

誰でも提供されたギガデータを
全レース単純に(ワンパターン)買うことで
プラス競馬ができることを確認した!!


多くの種類の馬券のなかでどの馬券が的中率、回収率で満足できるかについて考察している
全レースをワンパターンで買った場合についての統計を基に考えている。
これまで3連単、3連複、馬単について考えた
前回は3連単のワンパターン買いでプラスになることを確認した。
2012年8月5日までのビリオン、ギガデータで検証する

とりあえず ギガゲット会員なら

ギガゲットで提供されたデータを
単純にワンパターンで買うことで
誰でも確実にプラス競馬をすることができる
事が確認できた。

但し、これを永久に保証するものではない。
今年の1月5日から8月5日までのシミュレーションによる結果である。


儲かる競馬予想リンク3連複で5000万円にするぞ〜 シミュレーション

引き続き、 馬単、馬連、枠連、ワイド、単勝、複勝についても 勝てる馬券の検証を続ける 乞うご期待!!

(2012/08/05)

真田が自信を持ってお奨めする馬券 第1弾

誰でも提供されたギガデータを
全レース単純に買うことで
プラス競馬ができることを確認した!!


多くの種類の馬券のなかでどの馬券が的中率、回収率で満足できるかについて考察している
全レースを買った場合についての統計を基に考えている。
これまで3連単、3連複、馬単について考えた

今回は3連単
高回収率、高的中率の買い方で
結果的にどのようになるか
シミュレーションしてみる

色々やってみて、いくら回収率が高くても
的中率が低いと、
元金を保つのが難しい事が解った。
回収率が100%を超えていて、
的中率が一番高い買い方を選んだ。
2012年7月29日までのビリオン、ギガデータで検証する

とりあえず ギガゲット会員なら

ギガゲットで提供されたデータを
単純に買うことで
誰でも確実にプラス競馬をすることができる
事が確認できた。

但し、これを永久に保証するものではない。
今年の1月5日から8月5日までのシミュレーションによる結果である。

どうぞ、ワクワクしてご覧になっていただきたい。

儲かる競馬予想リンク3連単で5000万円にするぞ〜 シミュレーション

引き続き、 3連復、馬単、馬連、枠連、ワイド、単勝、複勝についても勝てる馬券の検証を続ける 乞うご期待!!

(2012/08/3)

多くの種類の馬券のなかでどの馬券が的中率、回収率で満足できるかについて考察している
全レースを買った場合についての統計を基に考えている。
前回は3連複について考えた

今回は馬単

2012年7月29日時点のビリオンデータで検証する

馬単では今年1月5日〜7月29日までに104本の万馬券が的中している。3連単の1/3で3連複よりやや多い。

一番回収率がよい買い方は
ギガのAを軸にしてB,C,Dの3点流しの3点買い。回収率128.9%。的中率は21.1%。
ちなみに、回収率上位5番目までは

馬単回収率上位5位

Giga表3点流し3点 66,130円/ 51,300円 回収率 128.9% 36/ 171 的中率 21.1% AVE表2頭流し2点 415,890円/ 327,400円 回収率 127.0% 106/1637 的中率 6.5% Giga表4点流し4点 78,520円/ 68,400円 回収率 114.8% 45/ 171 的中率 26.3% ABC裏表5頭流し10点 1,772,980円/ 1,636,600円 回収率 108.3% 341/1637 的中率 20.8% 研究室表2頭1点 175,680円/ 163,700円 回収率 107.3% 70/1637 的中率 4.3%

上表で解るように
回収率100%以上で一番的中率がよいのは
ギガのAを軸にB,C,D,Eの4点流しで4点買い。回収率114.8%、的中率26.3%だ。

総合的に考えて、3連複と比較して回収率、的中率も3連複がやや上回るが大差ないように思える。
いずれも購入点数が少ないだけ、投資額を増やせるメリットはある。

儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク 儲かる競馬予想リンク
前回3連複の上位5番目までを載せなかったので、ここに参考提示する
前回は7月23日のデータだったので少々食い違いが出ているが、、、

7/29時点の3連複回収率上位5位

GigaABC1点 26,310円/ 17,100円 回収率 153.9% 11/ 171 的中率 6.4% GigaA軸にBCD3点BOX3点 72,840円/ 51,300円 回収率 142.0% 28/ 171 的中率 16.4% 研究室A軸にBCDE4点BOX6点 1,323,860円/ 975,600円 回収率 135.7% 215/1637 的中率 13.1% GigaABCDE5頭BOX10点 217,160円/ 171,000円 回収率 127.0% 52/ 171 的中率 30.4% GigaA軸にBCDE4点BOX6点 127,170円/ 102,600円 回収率 123.9% 46/ 171 的中率 26.9% さらに参考に3連単の上位5位と的中率1位も参考提示する 7/29時点の3連単回収率上位5位 AVEA軸にBC2点流し2点 753,440円/ 327,400円 回収率 230.1% 17/1637 的中率 1.0% 研究室ABC1点 304,400円/ 163,700円 回収率 185.9% 10/1637 的中率 0.6% 研究室AB軸にC1点流し1点 304,400円/ 163,700円 回収率 185.9% 10/1637 的中率 0.6% AVEAB軸にCDE3点流し3点 904,430円/ 491,100円 回収率 184.2% 30/1637 的中率 1.8% GigaA軸にBC2点流し2点 56,600円/ 34,200円 回収率 165.5% 6/ 171 的中率 3.5% ・ ・ ・ GigaABCDE5点ボックス60点 1,271,800円/ 1,026,000円 回収率 124.0% 52/ 171 的中率 30.4%
これらの統計データは毎週月曜日に発表している。随時ご覧になって検討に役立ててほしい。

儲かる競馬予想リンク 更新情報(WHAT’S NEW) から辿ってほしい

儲かる競馬予想リンク 馬連累積収支実績
儲かる競馬予想リンク  ワイド累積収支実績
儲かる競馬予想リンク 馬単/3連複累積収支実績
儲かる競馬予想リンク 3連単累積収支実績

(2012/07/27)

先週からどの種類の馬券が的中率、回収率で満足できるかについて考察している
先週は3連単について考えた

今回は3連複

3連単に比べれば的中しやすそうな馬券だ
2012年7月23日時点のビリオンデータで検証する

3連複では102本の万馬券が的中している。3連単の1/3だ。

一番回収率がよい買い方は
ギガのAを軸にしてB,C,Dの3点ボックス。3点買いで回収率140.0%。的中率は15.9%。

回収率100%以上で一番的中率がよいのは
ギガのA,B,C,D,E5頭のボックスで10点買い。回収率117.1%、的中率29.9%だ。

万馬券狙いが目的なら、3連単にはかなわないが、
的中率15.9%なら、7回に1回的中で140%の回収
的中率29.9%なら、4回に1回的中で117%の回収
この位なら我慢できる範囲かもしれない

買い目も3連単に比べれば少なく、多くて10点。
3連単で60点も買った事を考えれば
同じ100円×60点=6000円を投資したのなら
6000÷10点=600、1点当たり600円を賭けられる。つまり的中すれば6倍になるのだ
3連単より的中しやすい分だけ配当も安いので6倍戻ってもどうかだが。。。
3連複で一番多い的中の配当価格帯は1000円〜2990円で206本
平均で2000円として、600円で的中すれば12000円の配当に匹敵する

どうやら、投資競馬を思考するなら、3連単より3連複の方が
的中率では断然満足でき、回収率でもまあまあ満足できるようだ。


(2012/07/23)

馬券の種類は9種類と沢山ある
配当額の高さから言えば
WIN5、3連単、3連複、馬単、馬連、枠連、ワイド、単勝、複勝
の順となるだろうが
的中の確度からはこの順で難しい。
WIN5は宝くじ的なので別として
どの種類の馬券が的中率、回収率で満足できるだろう
これからじっくり検討してみる

まずは3連単

7月16日時点のビリオンデータで検証してみる
3連単は344本も万馬券を的中している
しかし、全レース購入したとき、どのくらいの回収率、的中率か?

一番良い回収率は
AVEのAを軸としてBC2点に流す2点買い
回収率は242%だが、的中率はたったの1%
100回買って1回しか的中しないのでは
不満で一杯となるのではないか?
3日間の全レースを買って1レース当たる勘定だ。
3日で2.4倍になるのなら凄い!!
という考え方もあるだろうが。。。

回収率100%を超える買い方で的中率が一番高いのは
ギガのABCDE5頭のボックス60点買い
的中率で29.7%、回収率は111.9%だ。
これにしても
60点も買わなければ当たらないと言うこと。
配当が高いのが3連単の魅力だが
チョット落ち着いて考えてみよう

的中した万馬券が24000円だったとする
60点買えば100円ずつで投資が6000円
配当が24000円だから手にはいるのは24000円
18000円の儲けとなる
これは嬉しい配当だ。
回収率は24000/6000=4=400%
つまり1点400円の配当と同じ事なのだ。

滅多に出ない240000円が的中したとしても
4000%の回収率。
1点4000円の配当と同じ事。
リスクの割にそんなに魅力的でないことが解るだろう

的中したときの高額配当だけが目的なら
3連単は楽しめるが
お金を増やしたいと思う人には
それほど嬉しい馬券ではない

いずれにしても
人間だから、的中するという、「満足度」と
お金が増えるという「回収率」の
両方がある程度満足できる馬券を探すべきだろう

要は「楽しみたいのか」「お金を増やしたいのか」
の基本姿勢を明確にしておくことが大切だ。
両方。。。なんて我が儘を言ってはいけない。

次回に続く。。。。。 儲かる競馬予想リンク3連単で5000万円にするぞー日記−シミュレーション

(2012/06/01)

先月も最近の武豊が変だと書いたが
相変わらず上昇機運が見られない。
2年前までと極端に変わっている。
昨年からおかしいと言うことは
昨年武豊の環境に何か変化があったということだろう

落馬事故も一つの原因だろうが
もっと他に原因があるように思える。

一昨年までも、偶には勝てそうもない馬にも乗っていたが
データ的に勝てる可能性の高い馬に乗ることが多かった。

最近は、どう考えても勝てるとは思えない馬に
騎乗することが多い。

いくら武豊でも、力量の低い馬では勝てない。
勝てなければそういう評判が立ち初め
騎乗依頼も減ってくる。

6月2日の阪神なんか僅か3レースしか騎乗しない。
6月3日東京も3レースのみ

騎乗馬を検討するスタッフが変わったんだろうか?
まさか頼まれるまま乗っているとも思えない
ご自身で検討する時間はないだろう

今年5月末で連対率20%15位にいるが
過去の連対率を下記に示すので比較してほしい
2004年: 1位:38%
2005年: 1位:37%
2006年: 1位:37%
2007年: 2位:37%
2008年: 2位:35%
2009年: 3位:32%
2010年: 5位:28%
2011年:14位:21%

ビリオン指数を参考にすれば
勝てる可能性の高い馬を見つけて騎乗できるのに。
騎乗馬を選べるレベルの騎手はクラシックな考えから脱却して
科学的な裏付けで騎乗検討をすべきだ。
もっともっと連対率が向上する。




お問い合わせ
(有)ウィンストロングオフィス
info@winstrong.com

競馬のある日は

リンクフリー
競馬のある日は

リンクフリー
緊急時&競馬がない日は

リンクフリー


Copyright ©2001-2014 Winstrong Office Ltd.