1/24コロガシ投資法とは?

トップに戻る  メニューに戻る
 



真田幸市が推薦する馬券投資法


低リスク高配当

私は毎年、正月に12万円準備します。
ギガゲット情報で提供されるレースから更に半分くらいまで絞り込みます。
ギガゲット情報とは最も的中するであろうレースをビリオンチケットのデータから
3〜6レース程度に絞り込みんだものです。
当日オッズを調べあまりにも低いレースはパスします。

12万円を24分の1した額(5000円)を
一つのレースに投資することからスタートします。
つまり5点買いなら1点1000円からのスタートです。
一月に約8日競馬が行われます。
1日に3レースを基本とします。
3レース×8日=24レース/1ヶ月

1レースに賭ける金額は元金の1/24ということになります。
一ヶ月間負け続けてしまえば元金は無くなってしまいます。
最も的中しやすくオッズもまずまずのレースを選びますので
いまだかつて一ヶ月負け続けたことはありません。

次の日は
前日儲かって増えた元金を加えてまた24で割った額を
一つのレースに投資します。
これが24分の1コロガシということです。

一般の競馬ファンはひとつ大きなレースを的中すると次のレースにかける金額を一気に増やします。
次のレースも的中すれば良いのですが競馬は難しいものです。的中するとは限りません。
ハズレた場合も考えてその日は1/24で決めた額で貫きます。
慌てずコツコツと着実に増やしましょう。



1/24コロガシ投資法の要点

1.無理のない元金を準備する

    競馬には余裕が必要です。負けて無くなってしまっても体制に影響ない程度の元金で始めてください。
    絶対に負けてはいけない!!という無理な元金を準備すると、心理的に圧迫を受けて、レース選択、買目決定に無理が生じミスを招きます。
    馬券(勝馬投票券)は100円から購入できます。
    1/24コロガシをするには、真田は12万円から始めていますが
    最低では12000円から始められます。
    12000円の場合は1レース500円。5点買いの場合1点100円です。
元金と初日に賭ける金額
元金
1レースに
かける金額
元金/24
5点買の場合の
1点単価
4点買の場合の
1点単価
3点買の場合の
1点単価
2点買の場合の
1点単価
1点買の場合の
1点単価
12000円
500円
100円
100円
100円
200円
500円
24000円
1000円
200円
200円
300円
500円
1000円
48000円
2000円
400円
500円
600円
1000円
2000円
60000円
2500円
500円
600円
800円
1200円
2500円
72000円
3000円
600円
700円
1000円
1500円
3000円
84000円
3500円
700円
800円
1100円
1700円
3500円
96000円
4000円
800円
1000円
1300円
2000円
4000円
108000円
4500円
900円
1100円
1500円
2200円
5000円
120000円
5000円
1000円
1200円
1600円
2500円
5000円
240000円
10000円
2000円
2500円
3300円
5000円
10000円
480000円
20000円
4000円
5000円
6600円
10000円
200000円


2.1日に勝負するレースは3レース以内を目標とする。

    易しいレースが多い日は別ですが通常は難しいレースが多いものですから、ギガゲット情報から半分くらいに絞って3レースを目標にしてください。
    3レース以下の場合でも、3レース以上の場合も1レースに賭ける額は元金の1/24とする。
    日によって2レースの日があったり、3レースピッタリだったり、5レースだったりすると思うが、1ヶ月平均して1日に約3レース目標ということでよい。
    要は易しいレースに絞り込むことが肝要。

3.最初の日に賭ける1レース当たりの額は元金の1/24

    最初の日に選んだレース数に関わらず(あくまでも3レース以内が目標)元金の1/24を1レースに賭けます。
    その日は他のレースも同じ額で購入する

4.最初の日が終了した時点で次の日に賭ける額を計算する

   (1)残念ながら負けてしまって元金が減ってしまった場合

           元金が最初に準備した額より減ってしまった場合は、1ヶ月でなくなってしまっても我慢できる額を準備したのですから
           次の日も今日と同じ額、最初に準備した元金の1/24を1レースに賭けます。

           例  最初に準備した元金が12万円の場合
               負けてしまって、元金が11万円になってしまった場合も次の日は11万を1/24するのではなく
               最初に準備した12万を1/24した5000円を1レースに賭ける

   (2)めでたく勝って元金が増えた場合

           元金が最初に準備した額より増えた場合に限って、明日買う額の計算は、元金に増えた額を加えて1/24する。

           例  最初に準備した元金が12万円の場合
               勝って元金が13万円になた場合、次の日は13万を1/24する

               最初に準備した12万+儲かった1万を加えた13万を1/24した額5416円が次の日の1レースに賭ける額となります。
               但し、馬券は100円単位ですので、5416円は
               1点買いなら5416/1=5416→5400円
               2点買いなら5416/2=2708→2700円×2
               3点買いなら5416/3=1805→1800円×3
               4点買いなら5416/4=1354→1300円×4
               5点買いなら5416/5=1083→1000円×5
               となります。

5.1/24の額の計算は1日単位。レース単位ではない。

    1/24コロガシの額の計算は1日単位です。
    レースごとに計算をするのではなく、土曜日分なら土曜日1日は計算された同じ額で3レースを購入します。

6.毎回同じ額で買う人がいるがそれでは大きく儲けることはできない

    毎回1レース5000円とか1レース10000円と買う額を決めて購入している人を見かけるが、それでは、元金を大きく増やすことはできない
    馬鹿馬鹿しいくらい忠実に元金を1/24で割りながら今日の投資額を決めて1/24コロガシを実行すれば、知らぬ内に大きく増えるものです。

7.購入額の分配について

    オッズによって的中しても元割れ(トリガミ)のないように、資金配分して買う方法がありますが
    永い経験から、次のような理由で、同等配分をお勧めします。

    ☆ 競馬は的中してナンボの世界。配当を先に希望してもその通りには的中しない。まずは的中するように研究することが大切。
    ☆ 的中すればいいといっても買い目数が多ければ回収率は悪くなる。馬連の場合多くても5点か6点以内とする。
    ☆ オッズの低い買い目をカバーするために資金を多く配分しても、その買い目が的中するとは限らない。
    ☆ 同等配分ならオッズの高い買い目が当たったとき大きな配当を受けられる。
    ☆ オッズの低い目の資金配分を大きくして的中したとしてもオッズが低いので大きなプラスにはなりにくい。
    ☆ 的中して損がない程度のわずかなプラスになるよりも、もし、そのような心配があるなら少なからずリスクがあるのだからパスした方がよい。
    ☆ 5点買う内に2つトリガミの買い目があったとしても、その目がくるとは限らない。たとえその低い配当になったとしても、ハズレるより良い。何割か戻ってきたことで良しとする。
    ☆ 1レース単位で一喜一憂していても仕方がない。1日単位でトータルの配当を考えた方がよい。1日でだめなら土日2日のトータルで考えればよい。それでも低ければ月単位。
    ☆ あまり欲張った考えで買い目を選定するとハズレることが多い



ホームへ戻る
 
サイトマップに戻る